すべての弁護士は世界一! 法的カフェの弁護士ます。


雇用法


るかどうかに入っていて雇用市場のための時間や最近終了するかを理解することが重要な権利としての労働者です。 連邦政府と州て 制定され、幅広い労働法の保護の従業員からの差別的取り扱いを行わないこと、不公正な労働慣行は、不安全作業条件とします。 このセクションを深資源の全ての段階から採用の面接、採用段階の推進と停止します。 また、情報のプライバシーについては、職場、賃金、時間、法律、職場の安全、スタッフの方針の詳細なアドバイスを採用する雇用の弁護士にも面会できていない。 雇用法の問題が生じる幅広い状況です。 の共通事情発生時の従業員が火力不正の理由です。 下連邦法では、従業員の終了できない可能性があるの人種、性別、人種、民族、宗教、障害の有無や年齢です。 雇用者な場での民事責任を不正終了した後も有効とします。 の差別だけでな発光が、その他の雇用、採用-推進を決定します。 連邦および州の法令 もの保護のた従業員からの不正な労働慣行です。 雇用者が遵守すること賃金、時間法のように、公正労働基準法、考え、従業員の働きかたがあります。 従業員の権利拡張家族で生活をしています。 例えば、家族、医療休暇法を従業員に付与された時間のオフを迎え、新しい赤ちゃんに対応しています。 その他の労働法問題な職場環境です。 労働安全衛生管理は、例えば、雇用者への安全な職場によるわが国の安全基準です。 なで罰金と民事責任ます。 また、従業員一人としてのプライバシーの権利なのです。 例えば、雇用者は、一般的なモニター個人の電話の会話または検索職員の車です。 また、ダウンロードし必要事項に関する雇用法に基づく紛争では、お客様が最大の利益を確保できる相談(弁護士です。 以降、雇用など 幅広い分野の法律-雇用-弁護士一般的に専門のいずれかの側面で実践します。 っていを求める弁護士は、当該地域の雇用法とします。 例えば、気がしてきたのは、被害者の職場での差別することを目指すべき出し弁は、取り扱いの種差別の主張だ。 一方、都内に何件か店を構える魅力が、労働者の報酬の決定は、すべ弁護人に精通した行政手続きに関わる労働者補償法とします。