すべての弁護士は世界一! 法的カフェの弁護士ます。


財産の移転法


の財産の移転法年にはインドの法律を規制するの財産の移転インドにします。 で特定の条項に関しては何の条件になっています。 に発効した月は年のことです。 関する法律"の財産の移転"とは、法人が伝わり、一つ以上の者、または自分自身はないことにご注意願います。名となります。 の譲渡等する行為が行われ、現在又は将来ます。 人の場合がありま 個人、企業や団体、個人、どのようなプロパティはまた本サイトに接続できるユーザの移動の不動産ます。 の解釈法の"不動産を含んでおりませんの立ち木材、作物の栽培や草"です。 第条、一般的条項の法年の定義は、不動産'は、土地利益から生じる土地、ものの、地球上には永久的に固定すものに付けます。 また、登録法、年'不動産ファイルに含まれの土地、建物、遺伝性引当金は、権利、ライト、フェリー、水産その他の利益から生じる土地は、いつ地球上には永久的に固定もできるので、地球が立ち木材、作物の栽培ものです。 転写物のパスを直ちにその譲受人の利益の譲渡人でできる通の財産していない限り 的または更新されません。 による第の財産の移転法は年のことですが、する場合には不正又は誤表した移行認定を受ける不動産は一部の譲渡する行為などの財産を考え、そのような移動を続けます。で動作する金利の譲渡人が取得するにはそのようなものである。このオプションの拠のときの時間の中で、契約の移転が存在します。 どこの規則において、権利の誠実な業内転勤、通知先の移動や、オプションを保護します。 このルールルールのすなわち個人が表現できない後に関する技術を開発しているのです。 全ての人は、所轄の契約では、所轄に移動性、に転写できるものとします。 在るべき権利の譲渡は認可処理 譲渡可能性はない。 右は絶対条件とは、プロパティは可動または不動で、現在、未来です。 な移転が可能で口頭でない限り譲渡書では、具体的に必要な何らかの法律です。 た場合でも、人は精神的にも優秀なものの、物理的なサイン契約の弁護士の採用により、彼とのできないことを委任状です。 による第節の移動の財産法、財産などに転送する場合があります。 人の主張は非転写性証明書の存在を法律またはカスタムを抑制する権利の譲渡ます。 い限りは法的な制限を防止し、オーナーのプロパティを移し替える必要があります。 しかし、場合にする場合もありますの財産の移転による不正者のその後の取得に興味をそのようなものである。 場合の財産の譲渡の対象状態では絶対制約を受ける 譲渡先からパーティングまたは処分の関心の財産の状況は無効となります。 唯一の例外の場合はリースの条件の利益のために賃貸人または請求させていただくた。 一般的に、人の関心を有する物件の移行認定を受け、自分の利益、財産の適切なタイトルその他の人にします。 の権利に関する転勤者に負の影響を受けないので、提供いた誠実に取得対価として、赴任者のた予告なく、欠陥のタイトルの譲渡人です。 がある必要がありますの表現は、譲渡者がその権限移譲、不動産ます。 の表現は不正又は誤りである。 移送先の法人の表現ものとします。 の転送は行われます。 は、譲渡者は、その後取得する関心のそれに同意した 転送します。 なお、譲渡先のオプションの習得、金利の譲渡人が、その後を取得します。 その他の法令を主として関係法令、大きく物件の法律は、以下の通り.