すべての弁護士は世界一! 法的カフェの弁護士ます。


状態で所有


国家の所有とも呼ぶに対する公的所有権および政府所有権の所有権、産業財産は企業により、国又は公共団体を表すコミュニティ のに対し、個人またはプライベートなパーティーです。 公的所有権を具体的には産業の商品やサービスを販売する消費者から公共財政府サービス資、政府の総合的な予算します。 公共所有することで、国家、地域、地方や都市レベルの政府またはを参照することができ非政府の公的所有権の自律的な公共企業です。 公的所有権の主な形態の物件の所有権、差別化から民間団体の協力、共有します。 市場経済国有資産が管理-運営としては、株式会社と政府が所有する全てまたは支配権のの自己株式の取得を行いました。 この形式をと呼ばれる国有企業です。 国有企業がいろいろ操作として非営利法人であることを要しない利益を出せるとして商業企業の競争力分野として 自然独占禁止します。 政府の利益を主体は、自身の予算します。 の創造と国営企業からその他の公の財産は企業化します。 ソ連型の経済状態でした、支配的な形で産業としての物件です。 の状態で開催される独占的土地と自然資源の企業の法的枠組みの名目的には計画経済とによって異なる基準により企業の市場の混合経済国です。 国有化過程での移民や市町村の資産は、中央政府は国家主体です。 に移動するプロセスである。民間や国家資産を市政府ます。 国有企業は営利企業が所有する政府者資本主義市場の混合経済します。 その理由を国有商業企業企業であるという自然の占めるものであることや、政府は 経済発展の促進と産業化します。 国有企業が期待するのではないで活動を広く商業的に合わせて独占地域での活動です。 の変換公共団体や政府機関への国有企業である前駆体を民営化します。 国家資本主義経済の資本主義市場経済の高度の政府-企業です。 公共の所有権を有することを計画しているが、サブセットの社会的所有権は、特段の社会主義経済です。 しかし、国家の所有と国有化のような社会主義のもとでは、発生する様々な政治-経済システムのための様々な理由です。 国家の保有比率自体を意味するものではありませんの社会的所有権が益権は社会全体としてます。 なお、状況所有することが唯一可能な表現の公的所有権、そ 一変動のより広い概念の社会的所有します。 この社会主義、公共所有し、その余剰品の発生による公有財産に備えるため、次期支給すべての社会の社会的な配当とは逆に、異なるクラスの民間資本を有します。 多種多様である組織形態-走行業界から専門の技術官僚的管理への直接の労働者の自己管理します。 伝統的な概念-市場社会主義、公共の所有の道具を集約することを計画しているとして、前駆体の設立の経済企画のための資源配分との間の団体、政府等によるものである。 国家所有権の主張としての社会的所有権のための実践的な懸念は、国家として捉えられているのは明らかな候補者の所有-運営を生産します。 実施主体者と家は、ジャンムー-カシミール州の代表として公共の利益は、管理 資源生産のための公益を図る目的を有します。 としての社会的所有状況所有すると対照的なのが協同組合と共有します。 社会主義理論、政治的イデオロギーにあたり、国家の所有権を有することを計画している場合に表示状態に社会主義です。 国家の所有権が認められるフリードリヒエンゲルスに社会主義:ユートピア科学としても、発展に大きく寄与してい資本主義などの資本蓄積の構造と賃金労働力です。 エンゲルスの議論の状況所有の商産業を代表する最終段階の資本主義は、所有と経営の大規模な生産-製造によるものである。 英国内の公的所有権は主に、労働者センター-左民主党)を具体的には、より創造の項第労働党のマニフェスト年ます。 項た学会会員、オージービーフなので、シドニーウェブです。 が所有する 権の状態、又はその他の状況などもしくは地方公共団体個人利用の権利"に基づき、国の経営方針が、これらの権利のない財産権となっていることで伝播します。 例えば、家族が割り当てられるアパートメントは状態を保有しています。与えられているが、代わりとして入居のアパートメントが生涯にわたり継承可能だが、管理-制御権を有する各種政府部門です。 区別があると状態が保有-公共のものである。 前者の場合を参照して資産運用による特定の国の機関又は支店の政府は、最初の検査で成功するなどのレベルで研究しています。 後者とは、資産-資源までご利用いただけます。全体の公衆の利用などの公共公園(公共スペース)です。 に新古典派の経済理論の望の状況所有権が研究されてい利用契約の理論です。 による財産権に基づくアプローチ 不完備契約(開発したオリバーハートとその者の所有事項ので何をするかを設定し、不測の事態がいませんが、いずれも、現行の契約です。 のハート,、ヴィシュヌ(年)は、申請の財産権へのアプローチのかという疑問の状況所有権または民間の所有であることが望ましい。 このモデルでは、政府や民間企業に投資することができ品質向上のための公共の低減と生産コストです。 ここで示されているデータの民間所有の結果ではの強力なインセンティブを与えるコスト削減にも繋がる品質の低下をもたらす。 そのため、によっては、投資、技術が状況の所有であります。 のハート ヴィシュヌ理論を拡張して多くの方向です。 たとえば、著者のものと混合形態の私的所有状況所有する。 また、ハート ヴィシュヌモデルでは、プライベートなパーティーに由来 ユーからの提供しています。 -ビズ、(年)を示していた場合には、プライベートなパーティー(非政府組織)の利益ばかり考えて行動しているものの、その大きな評価は必ず、所有者にかかわらず、当事者の投資の技術です。 しかし、最近では著者の投資の技術もするものであり、多様化する枠組みれば、投資者に不可欠なる場合があり摩擦の交渉政府とのプライベートなパーティーです。