すべての弁護士は世界一! 法的カフェの弁護士ます。


"消費者の権利-消費者保護法


この消費者の権"がスローされますの周りは自由にこれらの日です。 もう消費者の権利のです。 い減すか? いいですか? 何より割り当てられます。 書かれた記事の弁護士や専門家が世界的に議論法に関する権利を含む憲法、消費者法、差別、人権、ネイティブ集団、プライバシー法学、公法学セクシュアルハラスメントです。 消費者の権利と消費者保護法によって個人のための闘いを背にした濫用的な事業運営を図ってまいります。 これらの法律の使用が一般販売業者の商品-サービスの説明責任が求める利益の強みを活かした消費者が情報交渉力します。 一部の行動に対する消費者の権法れで℃-を中傷、その他の行する国債の詐欺ます。 消費者の権利の法令が存在し、連邦および州レベルです。 その施行による政府機関、事務所の弁護士が一般、個人により訴訟が提出した犠牲者です。 の種類の濫用的なビジネス慣行の発生時の消費者は特に脆弱な状況です。 例えば、人々が秋の背後に請負債コレクターは現状のまま維持しつつ生活にも困難を呼び出し、早朝や深夜の時間が接するように人の事業所が一般的ですが、友人や家族です。 消費者の権利を法律で禁止このような活動です。 実際、フェア債権回収の実践法などのハラスメントでは、法定の傷賞ドル,被害にあった人を助けるため、弁護士費をのせます。 捕食の貸し出しもののために多くの消費者保護訴訟ます。 これらの制度を幅広くカバーを行うなど、充電を求められる 金利のクレジットカードおよびその他貸出金は、隠れた費用、罰則レストランオプションの契約にはほと読み取り、お客様を支払う低金利の貸出残高。 残念なのに対し抵当権実行の危機が年に晒され多くの貸し出し】詐欺、不動産市場のです。 連邦の法律に向けた捕食性の貸し出しの真実の貸出法()の所有権は、平等な保護法()は、年のことです。 消費者の権利の法律を保護し、虚偽または誤解を招くような広告です。 例えば、自動車ディーラーは知られている広告車両で低価格にするためのもの買い物客のディーラーです。 到着した車両または販売価格のアクセスすることができません のディーラーがその圧力の買い物客に購入車両の少ない有利な条件です。 ほか、"ベイトやスイッチ"の広告戦略は、消費者の権利の法律アドレスのような保証は不実表示が、不良品では、強制 仲裁条項は、盗難、その他のハラスメントおよび詐欺です。 年に、米国連邦議会の法律の作成をご依頼主に対して信託及び反競争的な事業運営を図ってまいります。を続け、こうした取り組み、その役割が拡張して用いられまで様々な消費者の権利の問題です。の局消費者保護が人強制連邦法を扱う不正又は不正な慣行の消費者の経済します。 例えば、当局は重要なステップ抑制にテレマーケティング詐欺の創造を通じて、国民はいませ レジストリです。 この人気のサービスを利用することができますをバー営利団体からの迷惑電話自宅電話ます。 一消費者の権利の犠牲者は比較的小額の経済的損害をうけた結果、企業の不正行為ます。 が消費者が被害者の不正購入製品またはサービスな 測定のセラーの約束、消費者が損失を被ると同額を、おそらくいくつかの付随的費用です。 ものすべての可能性を、その損失の消費者を代表してのごく一部の金額でいく訴訟に対する売します。 消費者に訴し、連邦または州当局によって制裁をとって、偽の会社が、これは消費者がそのお金を返します。 プラズマディスプレイパネル訴訟のヒントのバランスの電力を消費します。 個人がその権利が侵害された参加できるとともにその他の類似の債権に対する同被告します。 により、規模の経済が存在するとプラズマディスプレイパネル訴訟グループの被害者が重大な訴訟に対する脅威でも最大の企業です。 弁護士の取扱これらのケース作品を対比だけではわからなかっただけに支払った場合の被害は補償します。 また、被害者請求の根拠となるプラズマディスプレイパネルスーツが決定する"オプトアウト"を追求し、個人がその最善の利益です。 ものと思われる場合は、商人に違反する行為をした場自消費者の権利のことは、あってはならないことで話す弁護士です。 きを収集することができ財務報酬およびメッセージを送の犯罪者が濫用的な事業慣行は認められません。 日弁護士に相談しています。 電話での消費者保護法は、法律に渡された年、米国議会綻以上テレマーケティングの電話による企業の債務のコレクターを含め債権者として違法で人を呼ぶの携帯電話ます。 請求に対する主体で通話が違法で当社は責任を負た場合の損害が発生します。 多様な形態を持つ豊かなレモンの法律を全国に、これら保護するバイヤーから購入車そのデータも大きなばらつきを持っただけに作用す 短時間の死にます。 と対峙した時に購入レモンをしていくためには、お弁護士を決定法のノンリコースにご用意。 価格は通常でない設定項目の事業を管理することができ競合による、便乗値をお客様に高価格以外に必要なこなれています。 追加法的な問題が発生した通り価格は便乗値などの独占禁止法に全国の停止を企業活かした消費者です。 そのとき以上に準備をキャンセルされるストリート契約になります。 それでは、圧入りセールスプレゼンテーションの豊富な侵カスタマイズされた決定します。 または、目的やご家族のスケジュールを変更します。 または撹拌の上昇によるメンテナンス費用、利用不可のリゾート物件です。 どのような理由により、時間を見逃げからストリートの義務です。 人がいるストリートの開発と思い 離れ同じパターンのデセプションや今いなどの報復です。 あく)のない弁護士は、ある種のコテージ業界では、'を保証しだいでは除きますので、不要なストリートです。 これらの多くは同種の人々との。 その描画は毎の保証も取り消すことができることストリートにおいても有望のお金-'を保証します。 不正ストリートの実践をもたらして重要な消費者の苦痛です。 かくストリートです。 ルールがありそれぞれの会社が従うべき行の信用をチェックの従業員は、これらの公平な信用情報として米国を含むあらゆる規制のための特定の場所での雇用します。 事業本人の同意が必要となアプリケーション毎に沿って公正ガイドラインの信用を報告します。 ではカリフォルニアが初導入 るという方針を確保し、個人のプライバシー利用時のコマーシャルウェブサイトは、ユーザーに確認をオンラインサービスは、米国-カリフォルニア州オンラインでのプライバシー保護法です。 このが始まりました年に改正は、政策が年に追加の開示、追跡のオンライン上の訪問によるユーザーです。 書かれた記事の弁護士や専門家が世界的に議論法に関する権利を含む憲法、消費者法、差別、人権、ネイティブ集団、プライバシー法学、公法学セクシュアルハラスメントです。.