法的アドバイスに道路交通事故



もちろん、この減少などにより、専門的支援をサポートセンターが交通事故前の署名プロトコルです。 しかし、私たち個人の弁護士はこのサービスを提供します。 に頼っていて、社会的使命を十分に認識し、最高の場合の緊急業委員会 この発生法の誤差は困難とされているが、時には不可能な正しいのです。 ドライバーもそれ自身を決定することができる程度の罪者の-輸送事故ができるのも明らかな場(障害、交通、赤色光) およびこれらの場合でも-いします。 一番のメカニズムの発生、交通事故はなく直ちに評価の状況は複雑で、シンプルです。

場合があり損傷から救急車の出動を要請します。

事故直後は、進条に従って2.5します。 ルールの道路をワンストップなタッチの車番のアラームは、かないようにしてくださいオブジェクトに関連した交通事故のないようにその他のことを思い出します。

んへの説得»を理解せずに、警察»には、必ず警察に電話します。

記録のすべての証人-輸送事故になります。

はい、警察は彼の通知をルールプロトコルの検査ができます。

い検査だけで他の参加者-輸送事故になります。

示しないもの法と秩序の登録の道路の事故ます。 小さな漏れ警官の準備のプロトコルできるようになると期待の未来を解決する場合に入る。

い損傷車両で録を作成します。

なサ書類をお断層の場合は指定されていないことに同意できないとの判断の検査官は、お早めにお問い合わせください弁護士の資格です。