すべての弁護士は世界一! 法的カフェの弁護士ます。


強盗弁護士法試合のライブラリ


強盗は窃盗罪と定義し、物件からもう一人の力、脅迫、または脅威力します。 一部の使用または脅威力する必要はないように意思います。 場合には強盗では、銃器や その他の武器で構成する武装強盗、より厳しい罰則ます。 なお強盗がと混同されがち、住居侵入の構造です。 それぞれの状態は異なる刑事コードを定義しようとすると、要素の強盗では、一般的な要素の強盗の構成:強盗では、異なる。 強盗ない主の負傷または厳しい暴力の行使は、通常は二度罪ほとんどです。 強盗で最初の-程度の場合に被告の使用は危険な武器を達成する犯罪を通じて厳しい傷害を被災者や試みを殺の被害者の中には、死刑は、犯罪が行われます。 以来、強盗"と定義されている本質的に危険罪死できる当面、強盗もできますことのできる程度に殺人罪でいる人がいれば、殺害されたのは、死刑は、犯罪が行われた場合でも、被告な殺の犠牲者です。 強盗まれる深刻な犯罪によるほぼすべての ます。 各刑事上の罪に問は、政府の負担を証明する被告犯は、合理的な疑いを入れないです。 各要素の電荷のために迫害を被告で各要素により肯定します。 その他の盗難防衛などの証拠が不十分であるが、中毒、ストレスの溜ます。 また、被告が防御が行われる場合は、その時点であることを知り、これらの財産を盗まれた自身のです。 の場合は被告人の盗話する刑事弁護士が直ちに知権、防衛、複雑な法制度です。 刑事弁護人の経験と知識を守ります。 場合の被害者に盗まして、警察を呼びます。 がある場合は十分な証拠があると、警察はお客様の弁護士事務所に起訴の人を犯の限りではありません。